ページ

5/06/2011

evernoteでちょっとしたライフハックだよ「THE 整理整頓」


情報化社会と言われている、よく意味が分からないけれども、とりあえず指数的に成長、発展している社会なんじゃないかなって思う。
evernoteに情報を蓄積していって、それが何かちがうベクトルへの質へと転換するかどうかという話をしたいと思います。

ネットサーフィンで気になったものをevernoteに入れるという作業をほぼ毎日している。最初にevernoteを使い始めてから、ほとんど毎日だ。それほど、自分が知らない新しい事がインターネットや本に溢れている。そして、全てを知ることは出来なく、自分が欲しいと思う情報しか焦点を当てて手に入れようとしない。

例えば、金持ちに成りたいとか、という目標があったとしても、本当に興味が無かったら2chのまとめサイトやYouTubeやニコニコ動画を見て時間を潰していたり、「忙しい」という理由で仕事を優先にしたりする。そして、そのお金持ちに成りたいという方法やお金持ちの定義とか、お金持ちがどういう人たちなのかといった事は調べたりする優先度が違うというわけだ。

いつものようにネットサーフィンなり読書なり、テレビを見たりようなそんな感覚でその目標の事について調べていたりしているかどうか?

これは自問すると言い訳地味でしまうし、何よりもどれほど自分がだらけているのか自分の事なので鈍ってしまうと思う。普通、そんなものだ。
そこでevernoteを使って、クリップしていけば、どこに自分が向いているのかわかる。自分がやりたい事もわかるし、自分が興味あることもちゃんと数値でわかるし、本当に自分に向いている生き方が見えてくるかもしれない。

あるいは、目標に対して修正してくれるかもしれない。
evernoteに入れる情報量がそれを示してくれるって話なのだ。

では、アウトプットの量はどうなるのか?

そう、ここが問題だ。evernoteに入れてきた情報量で、自分が目標に向いているのか、あるいはどんな方向性に行きたいのか、何が向いているのかとか、いろいろ見えてくる。だが、アウトプットしていかないと「質」に結びつかない。

これは、ただ情報を取り込んでも知識とか英知にはならないという話だ。
「ただ、知っているだけ」である。
その知っている事をうまく活用したり、応用したりしなけらば
ただの宝の持ち腐れだ。

※evernoteをただ自分の情報館のように使う場合は別だけれどもね

いくら様々な自分が欲して手に入れた情報を
最初は下手なりに、アウトプットしていかないと何も始まらないってわけだ。
アウトプットだからブログとかで発進しろってこと?
いや、そんな事をしなくてもいい。

evernote内に入れた様々な情報を整理したり
クリップした内容に手をつけて、二次創作しちゃえばいいじゃない。
別に誰に見せるものじゃないし、evernoteなんて…

自分だけのスクラップブックなんだから!!!


勘違いしてもらっちゃ困るのはアウトプットの仕方かな
せっかくクリップしたものを自分で編集したりするのはちょっと・・・って思うなら
そのクリップしたものをノートブックで綺麗に分別したり
タグをつけて、そのクリップ事にちゃんと属性つけたりして
整理整頓すること、これも立派なアウトプットなんだ。

慣れている人は面倒じゃないし、クリップする際にそういった事をやっている人には
造作も無いことだ。

だが、それが出来ない人には苦痛だし、時間と努力が伴う。

だけど、整理整頓だけは、何にでも通じる。
物事を理解するのに、整理整頓の方法を知っていれば
大抵の事は、何と何が関連していて、何と何が関連していないのかわかるんだ。
差別化が出来ているか、出来ていないか、この差によって
普段の会話や、何か大事な会議でも差が出てくる。

何かevernoteを使っているだけで頭が良くなっていきそうって感じてきた?

頭が良くなるかわからないけれど、少なくても使い様によっては
いろんな事に役立つ思考回路になるし
整理整頓が出来るようになるよ。
ただし、部屋に散らかった洋服とかはevernoteで整理整頓できないから注意してね。

では、アデュー!


関連記事



0 件のコメント:

コメントを投稿